【解説】マズローの欲求5段階説とは?効果的なセルフマネジメント方法を紹介します

考える男性

マズローの欲求5段階説ってなんだっけ?なんとなくは知ってるんだけど・・・

こんにちは、いさむです。

マズローの欲求5段階説

心理学の分野で、なんとなく知っているけどなんだっけ?モヤモヤ・・・

ちょっと気になる。

という悩みに答えていこうと思います。

この記事でわかること

・マズローの欲求5段階説がわかる

・自分の心理にどのように影響しているかわかる

・高いモチベーションを維持するにはどうしたらいいかわかる

順番に解説していきます。

アブラハム・マズローってこんな人

引用元:https://feelthebrain.me/tag/abraham-maslow/

マズローの欲求5段階説のマズローは、人の名前です。

アブラハム・ハロルド・マズロー(Abraham Harold Maslow, 1908年4月1日 – 1970年6月8日)は、アメリカ合衆国の心理学者。

ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区に生まれる。彼は人間性心理学の最も重要な生みの親とされている。これは精神病理の理解を目的とする精神分析と、人間と動物を区別しない行動主義心理学の間の、いわゆる「第三の勢力」として、心の健康についての心理学を目指すもので、人間の自己実現を研究するものである。彼は特に人間の欲求の階層(マズローの欲求のピラミッド)を主張した事でよく知られている。

引用元:アブラハム・マズロー-Wikipedia

マズローの欲求5段階説とは?

マズローの欲求5段階説は、1943年にマズローが発表した論文「人間の動機づけに関する理論」で世の中に出ました。

人間がみんな持っている5つに階層化された欲求について解説しています。

以下がマズローが考えた5つの欲求です。

  1. 生理的欲求
  2. 安全欲求
  3. 社会的欲求
  4. 承認欲求
  5. 自己実現欲求

⑤の順番で低いものから現れ、その欲求がある程度満たされると、次の欲求が現れます。

そして、現れた欲求が満たされないと人間はストレスを感じます。

また、欲求というと悪いイメージもありますが、マズローによると、人間が一定して持つ基本的欲求から生まれる欲望は決して悪ではありません。

欲求を抑えるよりも、引き出して満たした方が、より健康的・生産的になり、そして幸福になることができると考えられています。

さらに5つの欲求について深掘りしていきます。

生理的欲求


生理的欲求は人を動機付ける最も根源的な欲求です。

  • 呼吸をする
  • 食べる
  • 飲む
  • 寝る

人の生命維持に関わるものが生理的欲求にあたります。

安全欲求

生命維持などの生理的欲求がある程度満たされると、「安全欲求」が現れます。

  • 身の安全
  • 不安・混乱からの脱却
  • 住居の安定

などを求めるのが安全欲求です。

マズローによると、生理的欲求と同じくらい安全欲求は強いものだとされています。

会的欲求

生理的欲求と安全の欲求が満たされると、「社会的欲求」が現れます。

  • 孤独になりたくない
  • 家族や恋人、友達、同僚など共同体の一員に加わりたい
  • 周囲から愛情深く暖かく迎えられたい

以上のような、集団への帰属や他者からの愛を求めるものが「社会的欲求」です。

承認欲求

「社会的欲求」が満たされると、今度は「承認欲求」が芽生えてきます。

この承認欲求は2つに分かれています。

【自己に対する評価の欲求】

達成、熟達、能力への自信、自由など、自己をより優れた存在と認める、自尊心とも言えるものへの欲求

 

【他者からの評価に対する欲求】

評判や信望、地位、名誉、優越、承認、重視などを求める欲求

この承認欲求が満たされるかで結構変わってきます。

  • 満たされる:自分は世の中で役に立つ存在だというプラスの感情が湧いてきます。

  • 満たされない:焦燥感や劣等感、無力感などのマイナスの感情が現れてきます。

自己実現欲求

「自己実現欲求」とは、人が潜在的に持っているものを開花させて、自分がなり得る全てのものになり切りたいという欲求です。

この自己実現欲求だけは、第四段階までと質が異なります

どれだけ下位の欲求が満たされても、人は自分に適していることをしていない限り新しい不満が出てきます

欠乏欲求と成長欲求

5つの欲求を紹介しましたが、マズローはこれらを2つのグループに分けています。

第四段階までは、欠乏欲求

第五段階の自己実現欲求は、成長欲求

と呼ばれていて、

おのずと人間の生き方も2つのタイプに分かれてきます。

・足りないものを補う『欠乏欲求満足型』

 

・自分自身の成長を目指す『成長欲求満足型』

どちらの欲求を原動力にするかで、人生は大きく変わっていきます

あなたはどちらを選択していきますか?

まとめ

この記事で伝えたいことをまとめます。

  1. マズローの欲求5段階説を理解して自分を分析してみよう
  2. 自分を知りセルフコントロールしていこう
  3. 将来のビジョンや目標をもって成長欲求を刺激しよう

ここまで解説してきましたが、いかがでしょうか?

人間って本当によくできているとあらためて実感しますよね。

もしかしたら誰かにプログラミングされた存在とかだったりして。

では、成長欲求を刺激して人生を豊かにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。