仕事がつまらないなら、秒レベルで環境を変えるべき。他人に期待しても時間のムダ【幸せに生きよう】

こんにちは、いさむです。

2年前まで仕事がつまらなすぎて、毎日絶望していました。
ですが、情報収集し自分で考えて舵をきったことで、前にすすむことができました。

仕事がつまらない、やりがいを感じない

このような悩みを抱えている人は結構多いかと思います。

今回は、仕事がつまらない状態を考察しつつ、抜け出すコツを解説します。

仕事がつまらない、やりがいを感じない理由

理由については人それぞれ違うと思いますが、基本的には以下の3つに当てはまると思っています。

・将来的なビジョンがない。終身雇用で年金暮らしでいいや状態
・単純作業が多く、毎日同じことの繰り返し。生活のためだけに仕事をしている状態
・ビジョンはあるが、仕事内容が紐づいていない状態

ちなみに、私は下2つの状態でした。(少しだけ筆者の話をさせてください)

これは自己責任の部分もありましたが、
新卒入社した会社で5年ほど働きました。希望もしない事務系部署で仕事をしていて単純作業(定常業務)が多く、毎日同じことの繰り返し。できても業務改善くらい。しかも、当時から将来こうなりたいというビジョンはあったものの、仕事内容と紐づいていなかったため、スキル向上を図るのも困難な状況でした。

ポケモンで最初の草むらでレベル100にするようなもの。難易度高いです。

残念ながら我々は人間なので時間が無限ではありません。

サラリーマンですと、こういった状況の人も多いのではないでしょうか。

3つの状態について具体的に解説します。

将来的なビジョンがない、終身雇用で年金暮らしでいいや状態

将来的なビジョンや目標がない。

これはわりと致命的というかあまり該当しないかもしれません。

ビジョンというとなんだか大層になってしまいますが、例えば、

・アウディーに乗りたい
・好きなときに海外旅行行きたい
・美味しいもの食べたい
・お金を稼ぎたい

上記でもいいと思います。

目標は、そのビジョンを達成するためにするべきことといった位置付けです。

ビジョンや目標がないという人やなんとなくあるという人はこの機会に書き出してまとめておくと良いかと思います。

終身雇用で年金暮らしでいいや

これは致命的です。

終身雇用が崩壊していますし、年金もほぼ期待しない方がいいです。こういった考え方の方がいたらスミマセン。

そういった思考でいると淘汰される時代がきています。

単純作業が多くて、毎日同じことの繰り返し。生活のためだけに仕事をしている状態

単純作業(定常業務)が多いとどうしてもマンネリ化してしまいます。

人間は慣れの生物なので、どうしても単純作業が続くとつまらなく感じます。

その作業が自分の欲しているスキルアップに繋がるなら別ですが、そうでなければモチベーションを保つのは難しいです。

また、生活のためだけに仕事をしている場合は、仕事に愛着がわかないのではないでしょうか。

ビジョンはあるが、仕事内容が紐づいていない状態

やりたいことや目標があるけど、現在の仕事内容からだと得られる経験が少ない若しくは皆無。

何か行動した方がいいのはわかっているけど、考えているうちに時間だけが過ぎていく。

毎日モヤモヤして、気づけば現状維持をしている。これは辛いですよね。

この状態の人は非常に多いかと思います。

仕事がつまらない状態から抜け出すにはどうしたらいいか

以下の2つを実践することを推奨します。

・ビジョンや目標をもつ
・環境を変える

具体的に解説します。

ビジョンや目標をもつ

繰り返しになりますが、将来のビジョンや目標はありますか?

現状、やりたいことや目標がない又は具体的にまとめていないという人は、それらを設けることを推奨します。

下記は、心理学者のアブラハム・マズローが発表したマズローの欲求5段階説です。

  1. 生理的欲求(食べたい・寝たい)
  2. 安全欲求(安全・安心な暮らしがしたい)
  3. 社会的欲求(集団に属したい・仲間が欲しい)
  4. 承認欲求(褒められられたい・認められたい)
  5. 自己実現欲求(あるべき自分になりたい)

上記のように、人間の欲求は階層で分かれています。

第一段階の生理的欲求が満たされると、次は第二段階の安全欲求を満たしたい。

第二段階の安全欲求が満たされると、第三階層の社会的欲求を満たしたい。

第三段階の社会的欲求が満たされると、第四段階の承認欲求を満たしたい。

そして最後に、第五階層の自己実現欲求を満たしたい。

このように、人間は将来に期待を持ち、自分の成長を実感できないとストレスを感じる仕組みになっています。

つまり、将来のビジョンや目標を持つことが重要ということです。

マズローの欲求5段階説は下記の記事で詳しく紹介しています。

【解説】マズローの欲求5段階説とは?効果的なセルフマネジメント方法を紹介します

 

環境を変える

すでにビジョンがあり、現在の仕事内容では達成する見通しがたたない場合は、環境を変えることを推奨します

私もそうでしたが、環境を変えるのは怖いと思います。

長く働いた部署、新卒入社した会社、長く働いた会社だと尚更です。

しかし、いつまでも現状維持しているとモヤモヤするし、人生終わってしまいます

リスクが高いと思うかもしれませんが、リスクを恐れて行動せずにこれから何十年も現状維持をする方が遥かにリスクのではな

いでしょうか。

 

他人に期待しても時間のムダ

他人に期待しても時間をムダにするだけです。

現状からの改善策として環境を変えようとした際に、他人に相談して待っているだけはよくないです。

他人はあくまでその人の人生しか生きていません。

あなたの人生はあなた自信が一番知っているし、一番真剣に考えているはずです。

あなた自身が考えて決断するしかないのです。

また、何かを決断するときは必ず自分で決断することを推奨します。

理由は下記です。

【自分で決断した場合】

失敗した際でも自分で決めたことなので、納得することができ、また頑張ろうと思える

 

【他人に決断を委ねた場合】

失敗すると、〇〇さんにいわれたからと思うようになり、負のスパイラルに至る

ちなみに私は自分で決断して全く後悔しませんでした。

あのときに決断して本当によかったと思っています。

やらない後悔よりやった後悔のほうがいい

現状を改善したり、環境を変えようか迷っている人にお伝えします。

断言しますが、やらない後悔よりやった後悔のほうが清々しいです。

そもそも、行動して後悔することはほぼないと思っています。

行動しないといつまで経っても、現状維持をして毎日モヤモヤ生きることになります

行動して、人生を幸せにして生きましょう。

まとめ

この記事で伝えたいことをまとめます。

  1. 将来のビジョンや目標を設定しつつ、行動しよう
  2. 環境は自分で変えていこう
  3. 現状維持せずに行動しよう

経験したことがないことをするのは怖いことですが、やってみると大したことはないことが多いです。

自分を信じて、行動してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。